ミニエール アンフリュアンス
セロスの弟子の最右翼


クレマン・クリュール
クレマン・ダルザス マネキネコ


ドメーヌ・ルフレーヴ
ピュリニー・モンラッシェ


ルー・デュモン
ジュヴレ・シャンベルタン


モロー・ノーデ シャブリ
バックヴィンテージ入荷

▼ 商品検索








▼ ギウアーニ サペラヴィ 2016

ギウアーニ サペラヴィ 2016
ジョージア
赤・ミディアムボディ
葡萄:サペラヴィ100%
容量:750ml

除梗・破砕後、ステンレスタンクで低温醸し、発酵後、ワインと絞りかすを分けワインだけを別のタンクに移し、マロラクティック発酵・熟成しました。
やや憂いのあるガーネット、カシスや黒コショウの香り、ジューシーでベリーの爽やかな印象に細かいペッパーが散るコスパ高い赤ワインです。
輸入元資料引用

【生産者情報】
ギウアーニ
ジョージアのおよそ7割のワインを生産するカヘティ地方Manavi(マナヴィ)村にあるGiuashvili(ギウアシュヴィリ)家が経営する「Giuaani(ギウアーニ)」は設立年が分からない程、大昔からワイン造りに携わってきた歴史を持つ家族によって守られてきたワイナリーです。
4代前(1894年生まれ)が誕生した頃には庭に5つのクヴェヴリが転がっていたそうです。
1965年生まれの現オーナーKakha Giuashvili(カハ・ギウアシュヴィリ)がワイン造りを始めた頃は、代々受け継がれてきた伝統をベースに新しいテクノロジーを取り入れようと動き出した流れの真っただ中でした。
カハはそれらの歴史を汲み取り、毎日の連続した仕事によって生み出されるワインをビジネスとするため一念発起し、2010年にギウアーニを設立、住居のある敷地内に醸造施設を整えました。
そして2014年にはギウアーニとして初めての収穫を迎えました。
現在は20haの畑と広い敷地内に整った醸造設備を完備、安定した経営基盤の下、ゆとりを持ったワイン造りを行っている印象です。
醸造はThomas Kontopos(トーマス・コントポス)が担当。
畑は出来るだけ自然な栽培方法で管理し、醸造段階ではプレス機を使用せず除梗・破砕したブドウを低温で醸し、それぞれのタンクやクヴェヴリで発酵熟成、酸化防止剤は控えめに添加という手法を取り入れています。
また自家栽培ブドウ以外にも品質を見定めたブドウを手当します。
カベルネソーヴィニョンはマナヴィ村から少し離れた畑で育ったブドウです。
オーナーが方向性を定め、トーマスを初めとする優秀な40歳代のスタッフ中心に伝統と革新が調和した技法で様々なタイプのジョージアンワインを造り続けています。
安定した品質と抜群のコストパフォーマンス、奇抜さではなく、穏やかでエキスが詰まったギウアーニのワインを是非体験してください。
輸入元資料引用

・ 販売価格

1,320円(税込)

・ 在庫数
3本
・ 購入数

 
 

・商品は実店舗でも同時販売しております。万一品切れの際はご容赦ください。
・商品梱包段ボールは資源無駄遣い防止のため再利用いたします。
・もしワイン選びに迷われましたらお気軽にご相談ください。
・品切れ商品の再入荷ご希望やお探しのワイン等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
・ご不明な点やご要望等ございましたらお気軽にお尋ねください。
・ギフトラッピング承ります。(こちらをご覧ください)

ジャニソン・バラドン ヴァンドヴィル アンドレ・ロジェ

ニコラ・ルジェ クレマン・ド・ブルゴーニュ
ニコラ・ルジェ クレマン・ド・ブルゴーニュ
ニコラ・ルジェ アリゴテ レ・ジュヌブレ
ニコラ・ルジェ アリゴテ レ・ジュヌヴレ