ルー・デュモン
ジュヴレ・シャンベルタン


ルー・デュモン
ラドワ ルージュ


ラルコ
ロッソ・デル・ヴェロネーゼ


クレマン・クリュール
キュヴェ・マネキネコ


アニェス・パケ アリボヮボヮ
定番人気!弱発泡性ワイン


ボランジェ PN VZ15
数量限定新発売

▼ 商品検索






▼ ドメーヌ・ド・クロヴァロン ピノ・ノワール 2019

クロヴァロン ピノ・ノワール 2019
フランス ラングドック IGP ペイ・ドック
赤・ミディアムボディ
葡萄:ピノ・ノワール
容量:750ml

醸造
早朝に手摘みして収穫したブドウを畑と醸造所で各 1 回ずつ選果。
除梗せずに 100%全房で、ブドウに付着している野生酵母のみでステンレスタンクでアルコール発酵。
酵素や培養酵母、酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造。圧搾後、228 リットルのバリックに移してマロラクティック発酵と熟成。
熟成中はバトナージュも澱引きを行わず、無清澄・無濾過で瓶詰め。
2019 年物の収穫日は 9 月 16 日。総生産量は 7 千本。SO2 は瓶詰めに 2mg/l のみ添加。2021 年 2 月 16 日時点での SO2 トータルは 16mg /L

味わい
輝くような赤いローブとルビーレッドの反射。レッド・フルーツやサクランボを思わせる香り。
フレッシュ感や冷涼感が感じられる南仏とは思えないアタックで、グリオットの風味と共にしなやかで豊満な味わい。タンニンは柔らかく、ミドル・パレットにビターな風味が感じられる。グリルした肉料理に良く合うでしょう。
輸入元資料引用

【生産者情報】
ドメーヌ・ド・クロヴァロン
1989年、ラングドックで初めてピノ・ノワールを植樹・栽培し世界的な名声を受けるワインを生み出した南仏のピノ・ノワールのパイオニア「ドメーヌ・ド・クロヴァロン」
25年以上に亘りピノ・ノワール造りにこだわる天才⼥性醸造家のビオディナミ・ドメーヌで、カトリーヌ・ロックによって南仏に創設された小さなドメーヌです。
建築家をしていたカトリーヌは、1985年にラングドックのAOCフォジェールの北隣の村ベタリューに畑付きの⾃宅を購入。
独学で葡萄栽培とワイン造りに乗り出しました。
ドメーヌの畑は標高250〜400 メートルの高地にあり、ラングドックでも冷涼なミクロクリマで、畑は北向きの緩やかな斜面に位置していました。
このため、ドメーヌの畑には南仏の品種よりも、冷涼は気候の品種が向くと直感したカトリーヌは、ピノ・ノワール、シャルドネ、ヴィオニエ、リースリングなどを植樹していきました。
特に、ピノ・ノワールは1989 年にカトリーヌ・ロックがラングドックで初めてピノ・ノワールを植樹して栽培を始めました。
その後、INAOに陳情等を働きかけ、ピノ・ノワールがヴァン・ド・ペイ・ドックの品種として認められるようになったのです。
つまり、カトリーヌは南仏のピノ・ノワールのパイオニアであり、母である存在なのです。
また、ヴィオニエはローヌのジョルジュ・ヴェルネイの畑に赴き、穂木を譲り受けてドメーヌに植樹するほどの情熱を傾けて栽培を始めました。
クロヴァロンでは設⽴当初よりビオロジックを実践し、その後、完全なビオディナミへと移行。
現在は全ての畑でビオディナミによる栽培を行い、全てのワインが厳格なデメテールの認証を受けています。
2011 年からは、イタリアのアンジェロ・ガヤ、タスマニアのステファノ・ルビアナ、スイスのビオディナミの⼤御所マリー=テレーズ・シャパーズなどで修⾏したカトリーヌの娘のアリックスがドメーヌに参画し⺟と娘の⼆⼈三脚でドメーヌを運営していましたが、2016年からは娘のアリックスがドメーヌの全権を任され、新たな取り組みを始めています。
輸入元資料引用

・ 販売価格

2,530円(税込)

・ 在庫数
6本
・ 購入数

 
 

・商品は実店舗でも同時販売しております。万一品切れの際はご容赦ください。
・商品梱包段ボールは環境保全対策の一環として再利用いたします。
・もしワイン選びに迷われましたらお気軽にご相談ください。
・品切れ商品の再入荷ご希望やお探しのワイン等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
・ご不明な点やご要望等ございましたらお気軽にお尋ねください。
・ギフトラッピング承ります。(こちらをご覧ください)

ジャニソン・バラドン ヴァンドヴィル アンドレ・ロジェ

デュフール ル・シャン・デュ・クロ
デュフール ル・シャン・デュ・クロ
スゴンデ・シモン キュヴェN
スゴンデ・シモン キュヴェN