ルー・デュモン
ジュヴレ・シャンベルタン


ルー・デュモン
ラドワ ルージュ


ラルコ
ロッソ・デル・ヴェロネーゼ


クレマン・クリュール
キュヴェ・マネキネコ


アニェス・パケ アリボヮボヮ
定番人気!弱発泡性ワイン

▼ 商品検索






▼ ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ ブーズロン 2019

ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ ブーズロン 2019
フランス ブルゴーニュ コート・シャロネーズ AOCブーズロン
白・辛口
葡萄:アリゴテ
容量:750ml

ロマネ・コンティのオーナーが生み出した芳醇で力強い、究極のアリゴテ。
このドメーヌのアイコンともいえるワインがブーズロン。
アリゴテから造られる村名クラスの唯一のAOCであり、その制定を強く働きかけたのが、当主のオベール・ド・ヴィレーヌである。
コート・ドールで一般的なアリゴテ・ベールではなく、より樹勢が低く、良質のブドウを実らせるアリゴテ・ドレが植えられている。
とてもアリゴテとは思えないほどの厚みと複雑さを備え、酸味は穏やかでフィネスとともにまろやかさが感じられる。
輸入元資料引用

【生産者情報】
ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ
ドメーヌ・ド・ヴィレーヌは、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティの共同経営者であるオベール・ド・ヴィレーヌが、妻のパメラとともにコート・シャロネーズのブーズロンに展開するドメーヌ。
ブーズロンは中世の昔、クリュニーのベネディクト派修道会によりブドウ栽培が行われた歴史をもち、とりわけアリゴテの産地として名高い。
コート・ドールではシャルドネよりも格下にとらえられがちなアリゴテだが、ここブーズロンでは高貴品種とみなされており、98年、アリゴテを唯一の品種として認める村名ブーズロンAOCが誕生した(同じエリアで造られたシャルドネやピノ・ノワールは地方名AOCのブルゴーニュ・コート・シャロネーズになる)。
この新アペラシオンの制定をINAOに強く働きかけたのが、誰あろうオベール・ド・ヴィレーヌなのだ。
ドメーヌは標高270〜350mの斜面に合計21haの畑をもち、そのうち9haがブーズロンのアリゴテ。
このアリゴテはアリゴテ・ドレと呼ばれるクローンであり、コート・ドールで一般的なアリゴテ・ヴェールと異なり糖度が高く、香りも華やかとされる。
ドメーヌでは86年からビオロジック栽培を実践し、現在は一部の畑でビオディナミ農法も実践。97年にカリテ・フランスの認証を取得している。
ほかにコート・シャロネーズの赤と白、メルキュレイとリュリー、さらにサントネイにも畑をもつ。
醸造法はじつに伝統的。アリゴテは大樽で発酵、熟成。その他のシャルドネから造られる白ワインも大樽と小樽を併用して醸造し、新樽は一切使わない。
赤ワインは木桶で発酵ののち小樽で熟成させるが、やはり新樽率はゼロである。
現在、ド・ヴィレーヌはオーナーとなり、ドメーヌの切り盛りをしているのは甥のピエール・ド・ブノワ。 ドメーヌの後継者として活躍している。
2015年ヴィンテージより、Domaine A. et P de VILLAINEからDomaine de VILLAINEとしてリリースしている。
輸入元資料引用

・ 販売価格

3,168円(税込)

・ 在庫数
17本
・ 購入数

 
 

・商品は実店舗でも同時販売しております。万一品切れの際はご容赦ください。
・商品梱包段ボールは環境保全対策の一環として再利用いたします。
・もしワイン選びに迷われましたらお気軽にご相談ください。
・品切れ商品の再入荷ご希望やお探しのワイン等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
・ご不明な点やご要望等ございましたらお気軽にお尋ねください。
・ギフトラッピング承ります。(こちらをご覧ください)

ジャニソン・バラドン ヴァンドヴィル アンドレ・ロジェ

デュフール ル・シャン・デュ・クロ
デュフール ル・シャン・デュ・クロ
スゴンデ・シモン キュヴェN
スゴンデ・シモン キュヴェN