ルー・デュモン
新ヴィンテージ入荷


ドゥラモット
ブラン・ド・ブラン 2014


フランソワーズ・ベデル
アントル・シエル・エ・テール

▼ 商品検索






▼ マルセル・ダイス ラ・コリーヌ・ルージュ 2020

マルセル・ダイス ラ・コリーヌ・ルージュ 2020
フランス AOPアルザス
白・やや辛口
葡萄:リースリング50%、ピノ・グリ50%
容量:750ml
ガラスキャップ

特級畑に匹敵するアロマティックでリッチなワインを産する1級畑「ロテンベルグ」のぶどうを使用したオレンジワインです。
リースリングとピノ・グリが約50/50の混植・混醸。
「ロテンベルグ」=「ラ・コリーヌ・ルージュ」は「赤い丘」という意味で、文字通り赤色の、鉄分が豊富な石灰質土壌。平均樹齢30年。10hlのアンフォラで10ヶ月間のマセラシオン醸造。SO2無添加でビン詰め。
輸入元資料引用

【生産者情報】
マルセル・ダイス
「何かを良くしようと思ったら、それは愛によってのみ可能だ」。
現代アルザスワインの頂点を極めるジャン・ミッシェル・ダイス。
アルザスに初めて「テロワール」の概念を持ち込んで大論争を巻き起こし、遂にはAOC法の改正(ラベルに品種名を表記しなくてもよくなったこと等々)を成し遂げた、信念の男。現在も彼が昔から提唱する、畑の個性に基づく「プルミエクリュ」を実現させるべく運動を続けています。
「ぶどうの樹は、自ら養分を求めて根を土中に伸ばします。この土中深くにあるものがその土地のテロワールです。ここは気候の影響もほとんど受けません。根が地表に留まると気候の影響をモロに受け、土地の個性は失われてしまいます。僕のワインは、例えば酷暑だった2003年も、濃さは例年と変わりませんでした。ビオディナミも、このテロワールを引き出すための手段に過ぎません。」
「また今日、アルザスのほとんどの畑で同じクローンばかりが植えられるようになりました。その結果、どのワインを飲んでもクローンの個性の味しかしなくなりました。アルザスの土壌は、太古の地殻変動に由来する極めて複雑で多様なものです。個々の土地の強烈な個性をそのままワインに表現することが、僕の人生です」。
輸入元資料引用


・ 販売価格

5,093円(税込)

・ 在庫数
6本
・ 購入数

 
 

・商品は実店舗でも同時販売しております。万一品切れの際はご容赦ください。
・商品梱包段ボールは環境保全対策の一環として再利用いたします。
・もしワイン選びに迷われましたらお気軽にご相談ください。
・品切れ商品の再入荷ご希望やお探しのワイン等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
・ご不明な点やご要望等ございましたらお気軽にお尋ねください。
・ギフトラッピング承ります。(こちらをご覧ください)

ジャニソン・バラドン ヴァンドヴィル アンドレ・ロジェ

デュフール ル・シャン・デュ・クロ
デュフール ル・シャン・デュ・クロ
スゴンデ・シモン キュヴェN
スゴンデ・シモン キュヴェN